レーシック 手術 比較

レーシックによる視力矯正は長期的にも有効| レーシックラボ

◆レーシックによる視力矯正は長期的にも有効◆

レーシックによる視力矯正は長期的にも有効

レーザーで角膜の形を変えるレーシック(LASIK)手術により、強度の近視を少なくとも10年間は効果的かつ安全に矯正できることが示され、医学誌「American Journal of Ophthalmology」1月号で報告された。

近視は水晶体あるいは角膜の屈折が強すぎることにより生じるもので、米国オプトメトリック協会(AOA)によると、米国ではほぼ3人に1人が近視であるという。

近視を矯正するレーザー手術は1990年前半から実施されているが、長期的な効果についてはこれまで不明であった。今回、スペイン、ミゲル・エルナンデスMiguel Hernandez大学およびトルコ、アンカラ大学医学部の研究グループが、レーシック術を施行した196眼を対象とする10年にわたる研究の結果を報告した。

研究グループは、手術前に20/20(1.0に相当)の視力を得るのに10ジオプターの矯正が必要であった患者118人のデータを収集。ジオプターとは、水晶体の屈折を示す単位で、10ジオプターの矯正は強度の近視であることを示す。術後10年で評価を行った結果、ほとんどの患者にある程度の視力回復が認められ、40%は眼鏡の使用が完全に不要となった。10年後、手術を施行した眼の61%が2ジオプターの矯正範囲内であった。レーシック術の副作用と思われる角膜拡張症が認められたのは1%にとどまった。10年の間に再治療を必要とした患者は約3分の1(27%)であった。

レーシックの技術には限界があるとする予測に反し、今回、強度近視患者への効果と安全性について長期的にみても非常に優れているとの結果が示されたと、研究を率いたスペインのJorge L. Alio氏は述べている。



レーシック

ALL RIGHTS RESERVED LASIK LAB